読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辛い経験なんてしない方がいいのだ。たぶん。

辛い経験も無駄にはならなくて、それらを乗り越えたとき成長できたり強くなれるよって思ってる人ー?

 

私もちょっと思っちゃってました。

でもそんなことなかった。

 

ちょっと前、辛い時期があって、でもそれを乗り越えて自分なりの良い結果を残して、無事大学も卒業したのですが。

 

終わってすぐは解放感で清々しい気持ちでいっぱいになりました。が。

 

辛い。

何が辛いのかというと、ちょっと疲れたときに(気持ちだけじゃなくて身体が疲れている時にも)、辛かったことを思い出してしまうんです。

 

だから、現実生活で泣く程辛いことがある訳じゃないのに、思い出して泣けたりしてしまう。

辛かったときの精神状況や感覚を、身体が覚えてしまっているんですね。

半年経って、周りの人からすれば終わったことになっても、私の中では終わらない。

終わらせたいのに。

 

終わらせたくて、当時会っていた人とも連絡しなくなったし、髪も切ったし。

沢山遊んで、新生活をはじめて。

ああ良かった、幸せ。

って。

思ってるのに。

 

疲れてくると思い出す。

一種の自傷行為のように。

思い出し始めると止まらない。

こんなこと思い出したって仕方ないんだから思い出したりしない方がいいに決まってるのに。

 

……………….………………………………

でも大丈夫。

普段の生活はきちんと楽しく送れているし、自分のいる、今の状況としてはとても幸せ。

 

思い出すっていってもまだ半年しか経ってないのだから仕方ない。

2年もすれば傷はすっかり癒えるはず。

 

今だって朝になれば気持ちは安定するし。ね。

 

表題の件、

辛い経験なんてしない方がいいのだ。

それは、一度経験したことは自分の中に遺ってしまうから。

でも多分、これからも辛いことは沢山あるだろう。だから、その度に、思おう。

 

朝になれば、

あと2年もすれば、

少しは浄化されていくのだから。

 

疲れたら早く寝て、

忘れたようなふりをしてまた生きていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、今日はちょっと暗かったまほでした(´・ω・)

ここに吐き出したことだし、もう朝だし、これで大丈夫🌟

今日も1日、頑張りましょう☺️🌸